ビールもいろいろあるけれど

昔・最近飲んだビールの記録です。

常陸野ネスト エクストラハイ

f:id:buddhist-de-portzamparc:20170605192951j:image


①あまみ ★★★★☆
②うまみ ★★★★☆
③苦味 ★★☆☆☆
④酸味 ☆☆☆☆☆
⑤香り ★★☆☆☆
⑥麦っぽさ ★★☆☆☆
⑦すっきり感 ★★★☆☆
⑧こってり感 ★★★★☆
⑨レア度 ★★★☆☆
コスパ ★★★★☆

常陸野ネストの、ベルギー風高アルコールビールです。甘みが深く、アルコールの旨味も強いのでゆっくり楽しめます。特別な個性は強調されていませんが、適度なお茶感といい、上品なホップの締まり具合といい、センスに裏打ちされたビールです。

常陸野ネスト ジャパニーズクラシックエール


f:id:buddhist-de-portzamparc:20170605192810j:image


①あまみ ★★★☆☆
②うまみ ★★★☆☆
③苦味 ★★☆☆☆
④酸味 ☆☆☆☆☆
⑤香り ★★☆☆☆
⑥麦っぽさ ★★☆☆☆
⑦すっきり感 ★★★☆☆
⑧こってり感 ★★★☆☆
⑨レア度 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

杉樽仕込みのペールエールです。ほのかに木の香りがしますが、全体的には麦の甘みとホップの苦味が支配し、香りは控えめのビールです。多少のお茶間もありますが、日本の一般的なビールが好きな人でもわりと抵抗なく受け入れられるかも。

常陸野ネスト アマリロ セッション


f:id:buddhist-de-portzamparc:20170605192720j:image

①あまみ ★★☆☆☆
②うまみ ★★★☆☆
③苦味 ★★☆☆☆
④酸味 ★☆☆☆☆
⑤香り ★★☆☆☆
⑥麦っぽさ ★☆☆☆☆
⑦すっきり感 ★★★★★
⑧こってり感 ★★☆☆☆
⑨レア度 ★★★★☆
コスパ ★★★★☆

アマリロホップなるものを使っているそうです。IPAの中ではおとなし目な方ですが、確かなホップ感と爽やかなパッションフルーツ感がライトに楽しめます。

常陸野ネストビール SWEET STOUT


f:id:buddhist-de-portzamparc:20160728193040j:image

①あまみ ★★★☆☆
②うまみ ★★★☆☆
③苦味 ☆☆☆☆☆
④酸味 ★★★☆☆
⑤香り ★★☆☆☆☆
⑥麦っぽさ ★☆☆☆☆
⑦すっきり感 ★★★☆☆
⑧こってり感 ★★★☆☆
⑨レア度 ★★★☆☆
コスパ ★★★☆☆
4%

日本の地ビールのスタウトです。スイートという割には甘みは弱く、酸味が強めです。苦味は弱く、飲みやすいですがスタウトらしい焦がした香りも比較的弱めです。アルコール度数も低め。好みのバランスではありませんが、特徴的だとは思います。


常陸野ネスト レッドライスエール


f:id:buddhist-de-portzamparc:20170225221406j:image
①あまみ ★★★☆☆
②うまみ ★★★☆☆
③苦味 ★☆☆☆☆
④酸味 ★☆☆☆☆
⑤香り ★★☆☆☆
⑥麦っぽさ ★☆☆☆☆
⑦すっきり感 ★★★☆☆
⑧こってり感 ★★★☆☆
⑨レア度 ★★★★☆
コスパ ★★★★☆

独特の泥臭さ?のあるエールです。プーアル茶のような。コーヒーのような香りもあります。しかしコメを使っているからか後味はすっきり。なのに比較的甘めで、苦味は控えめ。なかなか個性的で良い味です。

常陸野ネスト リアルジンジャーエール


f:id:buddhist-de-portzamparc:20170605192623j:image

①あまみ ★★☆☆☆
②うまみ ★★★☆☆
③苦味 ★☆☆☆☆
④酸味 ★☆☆☆☆
⑤香り ★★★★☆
⑥麦っぽさ ★☆☆☆☆
⑦すっきり感 ★★★★☆
⑧こってり感 ★★★☆☆
⑨レア度 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

生姜じこみのエール、まさにリアルジンジャーエールです。ジンジャーの香りはかなり辛口目ですが、苦味も辛みもそこまで強烈ではなく、飲みやすいです。

Westvleteren XII


f:id:buddhist-de-portzamparc:20170525192129j:image
①あまみ ★★★☆☆
②うまみ ★★★★☆
③苦味 ★★★☆☆
④酸味 ☆☆☆☆☆
⑤香り ★★★☆☆
⑥麦っぽさ ★★☆☆☆
⑦すっきり感 ★★☆☆☆
⑧こってり感 ★★★★☆
⑨レア度 ★★★★★
コスパ ★★★★☆

世界で最も希少と言われるトラピストビールの、一番濃厚なものです。シメイ青に似た味わいですが、より複雑なスパイスの香りがします。深いカラメルの香りと確かな甘み、それを殺さない苦味、どれをとってもベストバランスな、流石の一言のビールです。
これは修道院改修のために一般流通したものですが、通常は門外不出で、修道院かその近くのビアカフェでしか飲めないらしく、日本では一本に一万円近く値をつける店もあるようです。